めざせ!プチFIRE

~少し早くリタイアしてゆったり暮らそう~

迷いを解消し、自分自身を整理するためのノート術

こんにちは。

・忙しくて、自分の人生について、じっくり考える時間がない。
・今後、何がやりたいのか、自分でもわからない。

このような人には、『自分を変えるノート術』(安田修/著)をおすすめします。

この本を読むと、思い悩んでモヤモヤしている自分の頭がスッキリと整理されます。

目次

1.この本の特徴

本書とノート1冊、それに30分を用意してください。他には何もいりません。それだけで、あなたの人生が劇的に変わります。(本書より抜粋)

この本で解説するノート術により、著者は15年間にわたる自分に合わないサラリーマン生活をやめ、起業支援やオンラインサロンの運営など、好きな時間に、好きな人と、やりたいことを仕事にするという、理想にかなり近い生活をしています。

1冊のノートによる一人合宿の方法について、この本で説明していますが、だれでも簡単に実践できる内容となっています。

あなたが今、何かに悩んでいるのであれば、ノートはその解決を手助けしてくれます。

 

2.印象に残ったポイント

一人合宿について

一人合宿の概要は、あらかじめテーマを設定し、一定の時間集中して、頭の中にあることをとにかくノートに書くことです。

テーマの例としては、「将来のビジョン」、「悩んでいること」、「アイデア出し」、「頭の整理」、「フリーテーマ」などがあげられます。

一人合宿は、自宅やカフェで30分間行う場合もあれば、ホテルに宿泊し、いくつかのテーマをこなす場合もあります。

最初は30分間の一人合宿を繰り返していくと、いずれ30分で思考がまとまり、次々と新しいアイデアを生み出すことができるようになります。

30分集中して考えたことで、脳が活性化して、頭の中がスッキリします。

 

ノートについて

一人合宿のツールはパソコンではなく、手書きのノートをすすめています。

手書きのノートの方が脳が活性化されるとの理由からです。

ノートのレイアウトなどにはあまりこだわらず、ノートのページの最上部に日付と時間、タイトルを書くだけで、頭に浮かんだことを箇条書きで書き進めます。

ノートは頭の整理をするためのものなので、きれいに書く必要はありません。

 

3.『自分を変えるノート術』を実践してみて

『自分を変えるノート術』を読んで、自宅で30分間の一人合宿を行うようになりました。

私はもともと文章を書くことがそれほど得意ではないのですが、一人合宿を繰り返すことによって、自分の考えを「言語化」することに段々となれてきました。

また、一人合宿で、「リタイアをいつするのか」「リタイア後にやりたいこと」「旅行したいところ」「健康のため実践すべきこと」などいろいろなテーマについて、自分なりの考えをまとめてきました。

今後も30分間の一人合宿を繰り返すとともに、この本がすすめる宿泊の一人合宿にも挑戦したいと思います。

この本と出合って、自分なりのノート術を身に着け、人生を深堀りできたことは自分の人生において、大きなメリットだと思います。

 

まとめ

『自分を変えるノート術』を読むと、思い悩んでモヤモヤしている自分の頭がスッキリと整理されます。

また自分の考えを「言語化」する訓練にもなり、文章力が向上するという副次的なメリットもあります。

忙しくて、自分の人生について、じっくり考える時間がない人には特におすすめです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

 

【心境報告】会社に早期リタイアを申告しました!

こんにちは。

あなたは何歳まで働きますか。

私は、世間一般より少し早くリタイアして、体力のあるうちに旅行をしたり、趣味や勉強を満喫したりしたいと考えています。

この気持ちはゆるぎないものと考えていたのですが、いざ会社に早期リタイアの意思表示をするとなると、「本当にこれが自分のファイナルアンサーなのか」と思い悩むこととなりました。

そのような私の心境をご報告します。

目次

1.会社に今後のライフプランを申請する時期になりました

毎年、年末が近づくこの頃、会社に今後のライフプランを申請する時期となります。

私は、世間一般より少し早いタイミングでリタイアする考えを持っていますが、早期リタイアの意向をこれまで会社に正式には言っていませんでした。

ただ会社にも要員計画がありますので、早期リタイアの意向がある場合は事前に申し出る必要があります。

これまで申し出なかった理由は、早期リタイアに意向を申し出た後に、気が変わって、早期リタイアしないとなると会社に迷惑がかかると思ったからです。

とはいえ、来年、早期リタイアを考えている以上、少しで早く会社に意思表示をする必要があります。

 

2.いざ申請するとなると

会社に早期リタイアの意向を申請するタイミングになると、迷いが生じます。

自分は本当はどうしたいのか。早期リタイアをすることは正解なのか。

もう少し働いた方が生涯収入が増えるのに、もったいないのではないか。

世間一般の人はおおむね65歳まで働いているではないか。

早期リタイアして仕事から解放されるのはよいが、時間を持て余すのでは。

物価高や年金削減などで老後の生活が立ち行かなくなるおそれはないか。

ただ、家族と相談したところ、家族は私のやりたいようにしたらいいと言ってくれています。

リタイア後のライフプランの想定が狂ったら、その時は、アルバイトなどで働けばよいとも考えています。

 

3.初志貫徹

会社に早期リタイアの意思表示をするのをこんなにためらうとは自分でも意外でした。

早期リタイアをするという前提で、今後数年間の旅行などのイベントを夫婦で話し合っているにもかかわらずです。

一度きりの人生、後悔のないように生きたいと思います。

リタイア後、暇を持て余したら、週3日ぐらい働くのも良いかもしれません。

私の子供たちの時代には、70歳定年になっているかも知れない中、子どもたちに早期リタイア、ゆったりとしたリタイア生活のお手本を見せられたらとも考えています。

会社に提出するライフプランを書き上げてから、3日ほど悩みましたが、初志貫徹で、ようやく提出しました。

 

まとめ

早期リタイアの意思表示を会社にするタイミングになって、急にあれこれと考えましたが、かえって、自分が本当は何をしたいのかといったことに向き合うことができました。

周りにどう思われるかではなく、自分らしく生きることを優先すべきであるということにあらためて気づきました。

決断した以上は、自分の選択に間違いがなかったと言えるよう、ベストを尽くします。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

『働かないって、ワクワクしない?』を読んで、充実したリタイア生活の準備を!

こんにちは。

・いままで仕事中心の生活を送ってきたので、リタイア後の生活に不安がある。
・FIREを目指しており、達成後は充実したFIRE生活を送りたい。

このような人には、『働かないって、ワクワクしない?』(アーニー・J・ゼリンスキー/著)をおすすめします。

この本には、リタイア後に充実した自由時間を送るためのヒントが詳しくかかれています。

目次

1.この本の特徴

この本の著者は、29歳で仕事を辞めて以降、定職に就かず、クリエイティブで充実した活動に関わってきました。

その間、いろいろな人から、あり余る時間を退屈せずにどうやって過ごしているのか、と問われました。

世の中には、自由時間を持て余している人が実にたくさんいることを知り、自由時間の楽しみ方を語るべくこの本を書くに至ったそうです。

この本は充実した自由時間を送りたい人の意欲をかきたてる内容となっています。

2.印象に残ったポイント

(1)自由時間の位置づけの変化

古代ギリシャ人にとって、自由時間は、思考し、学習し、自分自身を発達させる、最も生産的な時間でした。

この考え方は、プロテスタントの職業倫理の出現によって打ち砕かれました。

仕事が生産的な活動になり、自由時間は休息のための時間となりました。

さらに私たちは、勤労は美徳であり、働かないことに罪悪感を持つように育てられています。

仕事中心、金中心の精神構造を捨てないと、幸福のために何が大事かわならなくなっているのでは。

ほどほどに働いて、もっとのんびりした自由時間を楽しんではどうでしょうか。

 

(2)自由時間に満足するための3つのニーズ

①新しい枠組を構築する

引退すると、仕事の中で持っていた生活の枠組みが突然消えてしまいます。

そうすると、私たち自身の枠組みを構築しなければなりません。

1日2回運動する、定期的にコーヒーショップに通う、など。

②目的をもつ

統計によると、引退した人で人生の目的がない人は長生きできないそうです。

コミュニティ活動などに貢献する、創造的な表現を身に着ける、人生の楽しみを他の人々に教える、など自分が情熱を持てる目的を持つと良いでしょう。

③共同体意識を生み出す

職場で得ていた社交のシステムを失ったら、友人、隣人、クラブ、地域などに目を向けてみましょう。

 

(3)自由時間のアイデア・ツリーを書く

リタイア後に自由時間をどのように過ごすべきか悩んでいる人は、自由時間の活動のアイデアを生み出すために、以下の3項目について思いつくままに、リストアップするのも一つの方法です。

  •  現在、夢中になっている活動
  •  以前、夢中になっていた活動
  •  したいと考えている新しい活動

これについてマインドマップを作成してもよいでしょう。

出てきた項目のうち、優先度の高いものを当面の活動とします。

このアイデア・ツリーを定期的に更新して、新しい活動メニューとすることもできます。

3.読んだ感想

この本を読んで、さっそく自由時間のアイデア・ツリーを作成したところ、「以前、夢中になっていた活動」について、子どものころに熱中したアニメや漫画、音楽など、いろいろなことが思い出され、あっというまにたくさんの活動候補が出来上がりました。

まさに人生5回分の活動リストとなりそうです。

リタイア後の自由時間の活用方法について、この本からここまで具体的なアドバイスがもらえるとは思っていませんでした。

この本をリタイア生活の参考書として、手元に置いて、何度も読み返したいと思います。

ただ、この本は、絶版されているのか新刊の在庫が見当たりません。

Amazon等で古本がいくつかあるようです。

まとめ

この本は、引退してからの自由時間を、いかに楽しく有意義に過ごすかを具体的に示しています。

仕事熱心でリタイア後の生活に不安がある方や、充実したFIRE生活を目指す方にとって、有益な情報が満載されています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

関連記事

hiro-k06.hatenablog.com

 

【おすすめ本】「小さいことにくよくよするな!」~しょせん、すべては小さなこと~

こんにちは。

・日常生活で小さいことにとらわれて、いらだったり悩んだりしてしまう。
・逆境におちいると、パニックになったり、否定的な考えにとらわれたりして、冷静な対応ができない。

このような人には、リチャード・カールソン著「小さいことにくよくよするな!」を読むことをおすすめします。

目次

1.この本の特徴

心理学者でストレス・コンサルタントでもあるリチャード・カールソンによって書かれたこの本は、全米500万部突破の大ベストセラーとなっています。

アメリカではリビングに一冊、ベッドに一冊、トイレに一冊の必需品とも言われています。

①小さいことにくよくよするな

②すべては小さなことだ

この考えを身に着けると、あるがままの現実を抵抗なく受け入れ、穏やかに生きていくことが出来るようになります。

そのための実践的なヒント100項目を各項目2ページ程度に簡潔にわかりやすくまとめています。

 

2.「小さいことにくよくよするな!」で印象に残ったポイント

(1)ほしいものに目を向けるのではなく、もっているものを意識することが大切

給料が安いとグチるかわりに、仕事があってよかったと感謝する。

休暇をとってハワイに行きたいと願うかわりに、家の近くでどれだけ楽しめるか考える。

などのように。

また、ほしいものではなくもっているものに意識を向けると、ほしいものが自然に向こうからやってくることがあります。

仕事があってよかったと思うようにすると、もっといい仕事が出来て能率も上がり、昇給につながるかも知れません。

近所での楽しみ方を考えてみれば、ハワイをさらに楽しむ方法が身についたり、ハワイに行けなくても、人生を楽しめることにつながったりします。

 

(2)幸せは、いまいる場所にある

学校を卒業したら、就職したら、昇進したら…、きっと幸せはやってくる。

結婚したら、子どもが生まれたら…、人生はもっとよくなるはず。

もっといい車を手に入れたら、引退してすばらしい休暇旅行に出かけられたら…、きっと幸せになれる。

このように考えている間に人生はどんどん過ぎていきます。

幸せになるのはいまこの時をおいてありません。

 

(3)今日が人生最後の日だと思って暮らそう

私たちは永遠に生きていられるかのように行動しています。

今、本当にやるべきことを先送りして過ごしています。

一日一日をこれが最後の日であるかのように、一人きりの時間を過ごす、心のこもった手紙を書く、いい聞き手になる、といった本当にしたいことを、今日すべきではないでしょうか。

 

3.「小さいことにくよくよするな!」を読んで

私はこの本を10年以上前に買って読みました。

当時は慣れない仕事や人間関係で悩むことが多かったのですが、この本には、そのような場合の心の持ちようが、具体的にわかりやすくかかれていました。

心に響いた箇所は本のページを折って、後で何度も読み返しました。

この本は、現在でも販売され、書評系のYouTubeでも紹介されるなど普遍的な価値のあるものです。

この先の人生を穏やかな良いものとするためにも、時々、この本を読み返して、実践していきたいと考えています。

 

まとめ

「小さいことにくよくよするな!」には、穏やかに生きるための具体的方法が書かれています。

自分の心に響いた箇所を何度も読み返すことで、あるがままの現実を抵抗なく受け入れ、より良い人生を歩むことが出来ます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

【旅の記録】鹿児島観光&開聞岳トレッキング

こんにちは。

秋の行楽シーズン、いかがお過ごしですか。

私は2泊3日で鹿児島に行ってきました。

鹿児島では、観光とトレッキングを楽しむことが出来ました。

以下、鹿児島旅行の思い出を記録します。

目次

1.知覧特攻平和会館仙巌園

初日はあいにくの雨のため、トレッキングは翌日にして、観光することに。

知覧特攻平和会館は、第二次世界大戦末期、飛行機もろとも敵艦に体当たりした特別攻撃隊員の遺品、記録等を展示している場所です。

知覧基地を出発し、飛行機が開聞岳を過ぎるころには生きることへの未練が消えていったという話を生還した隊員がしていたとのことです。

20歳前後の若い隊員たちが家族を思いながら出撃していったことを考えると、開聞岳の景色もまた違ったものに見えてきます。

仙巌園は、江戸時代初期に築かれた薩摩藩主 島津家の別邸です。

桜島を目の前にした庭園は他に類を見ないスケールの大きさです。

美しいガラス細工の薩摩切子(さつまきりこ)の展示のほか、薩摩切子工場があり、吹きガラスからカット・磨きまで、すべての工程を見学できます。

 

2.開聞岳トレッキング

翌日は開聞岳に向かいます。

開聞岳は鹿児島県の薩摩半島の南端に位置する標高924mの火山で、日本百名山に選定されています。

山麓の南西半分は海に面しており、円錐形の山容から別名「薩摩富士」とも呼ばれています。

標高があまり高くない割に登りが続いて結構大変でした。

ここ数年テレワークが多く、通勤の時ほど歩いていないせいかも。

岩場が多く歩きにくい場所がありました。

山頂は狭く、なんとか昼食場所を確保しました。

海に面しており、景色は抜群。

足場が悪いため、下山も一苦労でした。

 

3.アクシデント

前日冷たいものを食べたためか、開聞岳の山頂でお腹をこわしました。

もともとお腹が弱く、旅行先でお腹をこわすことが何度かあります。

腹痛をこらえ何とか下山。

翌朝、韓国岳(からくにだけ)トレッキングを断念し、鹿児島空港に。

帰りの飛行機を早めようとしたのですが、満席でした。

やむなく夜の便まで、空港のソファーで読書をしながら過ごしました。

夜11時前に無事帰宅することができました。

アクシデントはありましたが、初めての鹿児島旅&トレッキング、楽しかったです。

明日は月曜日、仕事を頑張ろう。

 

まとめ

金曜日の朝から2泊3日の鹿児島旅。

アクシデントはあったけど、日本百名山開聞岳にも登れたし、満足のいく旅でした。

また鹿児島を訪れたいと思いました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

【耳で聴く本】オーディオブックでスキマ時間に読書を楽しむ

こんにちは。

・読書につい熱中して目を酷使してしまう
・忙しくて本を読む時間があまりない

このような人には、「耳で聴く本」オーディオブックがおすすめです。

以下ではオーディオブックについて、その特徴やどのような本があるのかなどについてご紹介します。

アフィリエイト広告を利用しています

目次

1.オーディオブックの特徴

オーディオブックは、プロのナレーターや声優が書籍を読み上げてくれる「耳で聴く本」です。

読書に夢中になると目を酷使することになりますが、オーディオブックだと読書をしながら目を休ませることができます。

音声をあらかじめダウンロードすることで、オフラインで再生できるので、移動中のスキマ時間などいつでも好きな時に「本を聴く」ことができます。

プロがナレーターとして本を朗読するので、倍速でも聴きやすくなっています。

再生速度を0.5~4倍速まで調整できるので、自分にあった速さで聴くことができます。

話題の人気作が何冊でも聴き放題になっています。

 

2.オーディオブックのおすすめ本

オーディオブックでは、星野リゾート代表の星野佳路氏やお笑い芸人で読書家のティモンディ前田裕太氏など著名人がオーディオブックで読めるおすすめの本を紹介してくれています。

自分で本を選んでいるとどうしても読む本が偏ってくるので、他の人に本を紹介してもらうと参考になります。

私がオーディオブックの「聴き放題プラン」のラインナップのうちで、聴いて面白かった本の一部をご紹介します。

・「夢をかなえるゾウ」(水野敬也/著)

ごく平凡なサラリーマンが神様を名乗るガネーシャによって自らの人生を変えていく物語です。

二人の掛け合い漫才のようなやり取りを聴いている間に物語が進んでいきます。

本で読むよりオーディオブックで聴くことをおすすめします。

スポンサーリンク

 

・「漫画バビロン大富豪の教え」(ジョージ・S・クレイソン他/著)

お金と幸せを生み出す五つの黄金法則について学べる本です。

声優のやり取りを聴いているうちに物語に引き込まれていきます。

スポンサーリンク

 

もものかんづめさくらももこ/著)

ちびまる子ちゃんの作者さくらももこのエッセーです。

ちびまる子ちゃん役の声優TARAKOがナレーターをしています。

スポンサーリンク

 

オーディオブックを聴きなれないうちは、長編小説よりも短編小説やエッセーを聴くことをおすすめします。

 

3.オーディオブックの無料お試し期間について

オーディオブックにどのような本がラインナップされているか、無料お試しで確認してみてはいかがでしょうか。

オーディオブックは、聴き放題プランに初めて登録すると、14日間は無料お試し期間となります。

スポンサーリンク

聴き放題プランはこちら▼

audiobook.jp

まとめ

オーディオブックではオフラインで再生できるので、移動中のスキマ時間などいつでも好きな時に「本を聴く」ことができます。

読書家で目を酷使している人、忙しくて本を読む時間があまりない人にもおすすめです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

【心境報告】あと1年足らずでプチFIRE(早期退職)

こんにちは。

早いもので、あと一年足らずでプチFIREを迎えることとなりました。

プチFIREとは、標準的な退職年齢(65歳)より少し早いリタイアのことです。

スマホのカウントダウンアプリで日々、リタイアまであと何日か確認しています。

毎日確認していると日数が減るのが遅く感じられます。

リタイアしたら、こんな生活を送りたいとあれこれ考えています。

ある意味、今が一番楽しい時なのかも知れませんが。

リタイアまで一年足らずとなった現在の心境をここに記載しておこうと思います。

※FIRE…経済的自立による早期退職

目次

1.来年の手帳を購入

今年も10月中旬となり、来年の手帳を購入しました。

購入した手帳に来年の予定を記入していきます。

まず退職予定日。

いよいよこの日が近づいてきたなという実感がわいてきます。

次に退職前の長期休暇の予定。

夫婦で北海道旅行を計画しています。

さらに退職後に家族でハワイ旅行。

できれば家族でキッチン付きのコンドミニアムに泊まりたいと考えています。

円安、原油高が続けば結構な出費を覚悟する必要があります。

後は国内の美術館のイベントを調べて、美術鑑賞の予定を入れたいと思います。

退職後には決まった予定があまりないので、空白が多いですが、これから徐々に充実させていきたいと思います。

 

2.リタイア後の生活資金について

リタイア後の生活資金について、まず、公的年金で足りない分は資産運用益でまかなう予定です。

資産運用については、運用資産の年間運用益を4%と見込んで、年4%ずつ運用資産を取り崩す計画です。

退職後から65歳までの間は、資産運用益と現金でまかなう予定です。

現在のインフレが続くと生活費が増えていくので不安はあります。

公的年金の受給後、金融資産をさらに取り崩すことが必要になるかも知れません。

場合によっては、生活費のために短期のアルバイトをすることもあり得ます。

何かと不安要素はありますが、プチFIREに挑戦したいという気持ちは変わりません。

 

3.リタイア後のルーティーンについて

リタイア後は旅行などを楽しみたいと考えていますが、年に何度も旅行するわけにもいきませんので、毎日のルーティーンを充実させたいと考えています。

普段の生活では、趣味や勉強を満喫するつもりです。

趣味については、趣味ブログで自分の関心のあることを発信していきたい。

また、図書館やブックオフなども活用して読書を楽しみたいです。

人との交流もしたいので、トレッキング仲間との活動も続けていこうと思います。

勉強については、語学と歴史。

語学は韓国語と英語を勉強して、トラベル会話をマスターしたい。

歴史は偉人伝、西洋美術史、宗教について勉強。

また、歴史小説を読んだり、名所旧跡を訪れたりしたいです。

元気で楽しく過ごすためには健康でないといけないので、ウォーキング、筋トレ、ストレッチは欠かさず行いたい。

また、メンタルを健康に保つため、毎朝マインドフルネス瞑想を続けます。

盛りだくさんになりましたが、これから具体的なルーティーンを考えていきたいです。

 

まとめ

いよいよあと一年足らずでリタイアの日となります。

リタイアの準備を今から念入りに行い、スムーズにリタイア生活に移行したいと思います。

インフレなど不安要素はありますが、プチFIREを是非とも達成し、後悔のない人生を歩みたいものです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。